• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

095-822-8888
8:00~20:00/年中無休

『 市・県民税 』 内のFAQ

41件中 21 - 30 件を表示

3 / 5ページ
  • 年金収入が400万円以下で他に収入がないため、税務署で確定申告の必要はない...

    年金の種類が「公的年金等」の場合は、市・県民税の申告も不要です。 ただし、医療費控除など各種控除を受けることができる場合があります。 FAQ作成担当部署: 理財部市民税課

    • No:3557
    • 公開日時:2015/01/16 00:00
  • 市・県民税(個人住民税)の電子申告について知りたい

    電子申告とは、パソコンからインターネットを利用し、申告の手続きを行うことです。 給与支払報告書、給与所得者異動届、普通徴収から特別徴収への切替届出書などの提出が可能です。 電子申告の手続きの詳細については、エルタックス( http://www.eltax.jp/ ) ヘルプデスクへ直接お問い合わせく...

    • No:3201
    • 公開日時:2014/01/10 00:00
  • 現在、納付書や口座振替で支払っている市県民税が、平成21年10月支給分の年...

    「市県民税の公的年金からの引き落とし」とは、公的年金を受けられている方が納税しやすくなったり、市町村が徴収事務を効率的におこなったりするために、社会保険庁等の公的年金等を支給している者(特別徴収義務者)が市県民税を年金から差し引いて市に直接納入する制度をいいます。 公的年金から特別徴収するのは年金収入にかかる市県...

    • No:337
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
  • 私は、平成30年2月に、A市から長崎市に引っ越してきましたが、6月になって...

    個人の市・県民税を納める人(納税義務者)は、次のとおりです。 1.市内に住所がある人 2.市内に住所はないが、事務所や事業所又は家屋敷がある人  ※市内に住所や事務所などがあるかどうかについては、その年の1月1日(賦課期日)現在の状況で判断されます。 あなたの場合、平成30年1月1日現在にはA市に住所があ...

    • No:325
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
    • 更新日時:2017/12/26 11:16
  • 扶養親族は納税者と同一世帯または同居でなければならないか?

    同一世帯または同居していない方であっても、以下の条件を満たす方は扶養控除の対象となります。 扶養されている方で、その方の所得が38万円以下(給与収入103万円以下)の方 FAQ作成担当部署: 理財部市民税課

    • No:3566
    • 公開日時:2015/01/16 00:00
  • 年の途中に配偶者や扶養親族が死亡したが、控除対象となるか?

    年の途中に扶養親族が死亡した場合、その年の収入に係る住民税(翌年度課税)の控除対象となります。 FAQ作成担当部署: 理財部市民税課

    • No:3565
    • 公開日時:2015/01/16 00:00
  • 申告するのに前年中の市県民税の納税証明がほしいんですが。

    納税証明は、本庁収納課、各地域センターで発行することができます。 FAQ作成担当部署: 理財部市民税課

    • No:3561
    • 公開日時:2017/10/01 00:00
  • 生命保険の一時金をもらいましたが、申告が必要ですか。

    保険金を受け取る場合、その保険金が死亡によるものか、満期によるものか、また、保険料の支払者が誰であるかで、その課税方法が異なります。 これを夫婦の関係で見てみると、次のようになります。 ケース1  保険料支払者;夫 被保険者;夫 受取人;夫 事由;満期   ⇒ 夫の一時所得 ケース2  保険料支払者;夫 被保険者...

    • No:3554
    • 公開日時:2015/01/16 00:00
  • 個人年金をもらってますが、申告は必要ですか。

    給与所得以外の所得がある場合には、所得の多少にかかわらず、市県民税の申告をしていただく必要があります。 なお、所得税においては、源泉徴収が行われていることなどから、給与所得以外の所得が20万円以下の場合には、確定申告は不要とされています。 FAQ作成担当部署: 理財部市民税課

    • No:3553
    • 公開日時:2015/01/16 00:00
  • 私は、妻の死亡に伴い、生命保険会社から保険金の支払いを受けました。何の所得...

    あなたの場合は、「一時所得」になります。課税される一時所得の計算方法は、次のとおりです。 課税される一時所得=(保険金ー支払保険料ー50万円)×1/2 なお、保険金を受け取る場合、その保険金が死亡によるものか、満期によるものか、また、保険料の支払者が誰であるかで、その課税方法が異なります。 これを夫婦の関係で見て...

    • No:332
    • 公開日時:2010/08/23 00:00

41件中 21 - 30 件を表示