• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 引越し 』 内のFAQ

105件中 101 - 105 件を表示

11 / 11ページ
  • 保険料の免除・納付猶予や、学生納付特例を受けているときに住所が変わりました...

    免除・納付猶予や学生納付特例を受けているかたの住所が変わったことで、承認されている期間中の申請をやり直す必要はありません。 FAQ作成担当部署:中央総合事務所中央地域センター

    • No:2599
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
    • 更新日時:2017/10/01 00:00
  • マイナンバー(個人番号)カードまたは住民基本台帳カードを使った転入届とはど...

    通常の転入届は、転出前の市区町村役場で発行された「転出証明書」の提示が必要になります。 マイナンバー(個人番号)カードまたは住民基本台帳カードを使った転入では、転出前の市区町村役場でカードを使った転出を行っていれば、カードを提示することで「転出証明書」の提示をせずに転入手続きが可能です。 前住所地(転出地)の...

    • No:2516
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
    • 更新日時:2017/10/01 00:00
  • 解体をお願いしたいのですが、どのような資格を持った業者にお願いすればいいですか。

    解体工事・土木工事・建築工事・とび土工工事等の建設業許可のある業者にお願いする必要があります。 FAQ作成担当部署: まちづくり部建築指導課

    • No:2009
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
  • がけ地移転事業の対象条件を知りたいのですが。

    事業の対象となる「危険住宅」とは次の住宅です。 1)長崎市災害危険区域の指定等に関する条例の規定により、災害危険区域として指定された区域内に、当該指定の際、すでに建築されている住宅 2)昭和35年9月30日以前に建築された住宅で、長崎県建築基準条例第3条第1項の基準に該当しないもの              ...

    • No:2006
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
  • 危険ながけに近接する敷地に住んでいて、移転したいのですが補助などがあれば教...

    敷地が、がけ地の崩壊等により生命に危険を及ぼすおそれのあるとして定められた区域内にあり、危険住宅の移転を行う方に対し、その除去等に要する経費、危険住宅に代わる住宅の建設又は購入に要する経費を助成する制度(がけ地移転事業)がありますので建築指導課までご相談ください。 【問合わせ先】 建築指導課 指導係 電話095-...

    • No:2005
    • 公開日時:2010/08/23 00:00

105件中 101 - 105 件を表示