• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 高齢者・介護 』 内のFAQ

104件中 11 - 20 件を表示

2 / 11ページ
  • 高齢者交通費助成の利用券引換について代理人でもかまわないのでしょうか。

    引換ハガキをご持参くだされば代理人の方でも交換できます。 FAQ作成担当部署: 福祉部高齢者すこやか支援課

    • No:850
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
  • 老人福祉カードの交付には何が必要ですか。

    1 カードの交付を受けることができる対象者は、本市に住所を有する60歳以上の方です。 2 交付の申請を行うときは、各地域センターにおいて、老人福祉カード交付申請簿に必要な事項を記入していただきます。 この申請は、代理人を通じてすることができます。 3 申請の際は、保険証など申請者の公的身分証明書等を持参して...

    • No:837
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
    • 更新日時:2017/10/01 00:00
  • 短期集中型通所サービス事業とは何ですか?

    保健医療専門職による運動・認知機能向上プログラムを短期間集中的に集団で行うサービスです。送迎があり、利用料は無料です。FAQ作成担当部署:福祉部高齢者すこやか支援課

    • No:877
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
    • 更新日時:2017/10/01 00:00
  • 移送支援サービスの申請はどうすればよいですか。

    介護認定を受けていますか                    →いいえ。 【申請】 お近くの地域包括支援センターへご相談ください。 【内容】 斜面地、階段、路地奥等にお住まいで外出が困難な高齢者の方に、通院又は日常的な社会参加を支援するため、自宅玄関から自力で移動可能な場所までの間を指定移送支援サービス事業者に...

    • No:853
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
  • 高齢者交通費助成事業のハガキが届かないのですが。(引換ハガキ発送前の問い合...

    (年齢を伺い70歳以上であるかを確認してください。) 現在、ハガキの発送準備をしております。4月○○日に発送しますのでもうしばらくお待ちください。 FAQ作成担当部署: 福祉部高齢者すこやか支援課

    • No:845
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
  • 老人福祉カードで無料で利用できる施設はどこですか。

    原爆資料館、グラバー園、ロープウェイ(半額)、ペンギン水族館、須加五々道美術館、旧香港上海銀行長崎支店記念館(100円減額)、べっ甲工芸館、古写真資料館、埋蔵資料館、野口彌太郎記念美術館、出島史料館、科学館、シーボルト記念館、永井隆記念館、遠藤周作文学館、清水崑展示館、伊王島海水浴場交流施設、端島見学施設、亀山社...

    • No:838
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
  • 地域包括支援センターの連絡先を教えてください

    “長崎市地域包括支援センター一覧”:http://www.city.nagasaki.lg.jp/fukushi/430000/431000/p002066.html FAQ作成担当部署: 福祉部高齢者すこやか支援課

    • No:865
    • 公開日時:2015/11/20 09:40
  • 老人クラブを解散したいと考えているが何か届出用紙はありますか?

    老人クラブの解散につきましては、まずは長崎市老人クラブ連合会(電話827-6060)へご相談ください。 相談したにも関わらず解散することとなった場合には、「老人クラブ解散等届」を高齢者すこやか支援課(電話829-1146)へ提出いただくこととなりますので、高齢者すこやか支援課(電話829-1146)へお尋ねくださ...

    • No:2620
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
  • すこやか運動教室ではどんな運動をしているのですか?

    教室では、簡単な体操やレクリエーション、健康についての講話や認知症予防など、運動だけでなく、介護予防全般に関する内容を取り入れています。また、初回及び6カ月ごとに体力測定を行い、ご自分の体力面や運動の効果を知ることもできます。 FAQ作成担当部署:福祉部高齢者すこやか支援課

    • No:868
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
    • 更新日時:2017/10/01 00:00
  • 安心カードについて教えてください。

     【安心カードとは】 個人の健康情報や、緊急連絡先をカードに記入し、それを専用のプラスチック容器に入れ、家庭にある冷蔵庫に保管しておくものです。 お一人暮らしの高齢者等が、救急車による搬送が必要な際に、意思伝達が十分できない場合でも、救急隊が安心カードの健康情報や緊急連絡先を確認し、医療機関への搬送がスムーズ...

    • No:3174
    • 公開日時:2010/11/09 00:00
    • 更新日時:2018/03/06 16:36

104件中 11 - 20 件を表示