• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 高齢者・介護 』 内のFAQ

104件中 11 - 20 件を表示

2 / 11ページ
  • 介護認定の審査はどのように行われるのですか。

    要介護認定(要支援認定)は、長崎市介護認定審査会において、認定調査結果及び主治医意見書の内容に基づき判定が出されます。介護認定審査会は医療、保健、福祉の専門家で構成され、月5回開催されています。審査に際しては、本人と特定できる氏名、住所が分からないようになっており、客観的で公平、公正かつ厳正な審査が行われています...

    • No:820
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
  • 移送支援サービスの申請はどうすればよいですか。

    介護認定を受けていますか                    →いいえ。 【申請】 お近くの地域包括支援センターへご相談ください。 【内容】 斜面地、階段、路地奥等にお住まいで外出が困難な高齢者の方に、通院又は日常的な社会参加を支援するため、自宅玄関から自力で移動可能な場所までの間を指定移送支援サービス事業者に...

    • No:853
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
  • 短期集中型通所サービス事業に行きたいのですがどうしたらよいですか?

    要支援認定または事業対象者の方が対象となります。詳しくはお住まいの管轄担当の地域包括支援センターへご相談ください。 FAQ作成担当部署:福祉部高齢者すこやか支援課

    • No:878
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
    • 更新日時:2017/10/01 00:00
  • 高齢者への健康教室を開催してほしい

    ●高齢者の方を対象に健康教室を行っています ●講座の内容:健康づくり・介護予防・高齢者の暮らしを守るための制度や権利について・高齢者向けの各種福祉サービスについて など ●申し込みについて:日程、場所、内容、対象者、人数が決まりましたら依頼書の提出をお願いします ●問い合わせ、申し込み先:各総合事務所地域福祉課 ...

    • No:888
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
    • 更新日時:2017/10/01 00:00
  • 身体障害者手帳はもっていないのですが、要介護認定をうけている家族がいます。...

    満65歳以上の方で障害者手帳等の交付を受けていなくても、身体や精神に障害があり障害者に準ずるとみなされた方は、市・県民税や所得税の障害者控除を受けられる場合があります。このためには申請に基づき審査の結果、市が発行する「障害者控除対象者認定書」が必要となります。ただし、要介護認定を受けている方でも該当しない場合が...

    • No:896
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
    • 更新日時:2017/10/01 00:00
  • 原爆被爆者療養センター「立山荘」がなくなりましたが、他に被爆者が利用できる...

    公益財団法人長崎原子爆弾被爆者対策協議会(原対協)の施設であった原爆被爆者療養センター「立山荘」は、平成24年3月31日に廃止ししております(平成26年12月に売却)。 現在、稲佐山温泉ホテルアマンディにおいて、長崎市が原対協に委託し、一人暮らしの被爆者で、自分で外出できる方を対象に月1回、昼食会、レク...

    • No:3293
    • 公開日時:2017/06/16 17:00
  • 老人福祉センター・老人憩の家はどのような施設ですか。

    健康の増進、教養の向上、レクレーション等のための施設として、老人福祉センター(5ケ所)・老人憩の家(11ケ所)が市内に設置されています。趣味・教養講座への参加やくつろぎ、入浴等にご利用ください。 ・利用できる人 市内にお住まいの60歳以上の方。 ・開館時間 月~土曜日10:00~16:30 ・浴室利用 ...

    • No:839
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
    • 更新日時:2018/07/23 11:15
  • 身寄りがいない人でも成年後見制度を利用することができますか。

    家庭裁判所で後見人等を選任してもらうためには申立手続きが必要ですが、申立人には4親等内の親族等一定の限られた人しかなれません。そして、2親等内の親族がいない、いても関与を拒否している場合など、親族に協力してくれる人がいない場合には市長が申立手続きをすることができます。申立人がいない場合は次の窓口に相談ください。 ...

    • No:895
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
  • 老人福祉カードの交付には何が必要ですか。

    1 カードの交付を受けることができる対象者は、本市に住所を有する60歳以上の方です。 2 交付の申請を行うときは、各地域センターにおいて、老人福祉カード交付申請簿に必要な事項を記入していただきます。 この申請は、代理人を通じてすることができます。 3 申請の際は、保険証など申請者の公的身分証明書等を持参して...

    • No:837
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
    • 更新日時:2017/10/01 00:00
  • すこやか運動教室ではどんな運動をしているのですか?

    教室では、簡単な体操やレクリエーション、健康についての講話や認知症予防など、運動だけでなく、介護予防全般に関する内容を取り入れています。また、初回及び6カ月ごとに体力測定を行い、ご自分の体力面や運動の効果を知ることもできます。 FAQ作成担当部署:福祉部高齢者すこやか支援課

    • No:868
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
    • 更新日時:2017/10/01 00:00

104件中 11 - 20 件を表示