• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 被爆者援護・平和 』 内のFAQ

219件中 71 - 80 件を表示

8 / 22ページ
  • 紙芝居を提供していると聞いたがどういう手続きが必要ですか。

    長崎市平和・原爆ホームページ内に申請書様式がありますので、メールかFaxで申請してください。無料提供ですが送料は着払いとなります。 http://nagasakipeace.jp/japanese/others/kamishibai.html ホームページをご覧になれない場合は、被爆継承課平和学習係にお問い合わ...

    • No:3700
    • 公開日時:2015/08/01 00:00
    • カテゴリー: 平和
  • 原爆資料館には車いすやベビーカーのレンタルはありますか。

    ○あります。正面玄関にあるインフォメーションの係員へお知らせください。 ○館内のみのご利用とさせていただきます。 ○無料です。 FAQ作成担当部署: 原爆資料館平和推進課

  • 被爆体験者精神医療受給者証(若草色・緑色の手帳)の更新手続きはどうすればよいか?

     現在お持ちの被爆体験者精神医療受給者証(若草色)の有効期間が終了する3ヶ月前頃に、更新案内の文書を送付します。更新手続きの内容を詳しく書いていますので、ご覧のうえ手続きしてください。 <案内が届く時期が過ぎているが届いていない場合>  調査課拡大地域支援係へご連絡ください。 【問い合わせ先】   原爆被爆対...

    • No:2677
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
    • カテゴリー: 被爆者援護
  • 原爆戦災誌などを購入したいのですが。

    ・長崎原爆戦災誌第1巻(総説編改訂版)5,000円 ・長崎原爆戦災誌第2巻(地域編)完売しており、在庫はありません。 ・長崎原爆戦災誌第3巻(続・地域編 終戦前後編)3,000円 ・長崎原爆戦災誌第4巻(学術編)3,600円 ・長崎原爆戦災誌第5巻(資料編)4,000円 ・被爆建造物等の記録(書籍編・図...

  • クスノキの苗木をほしい。

    詳しくは下記にお問い合わせください。 (※クスノキは、巨木に成長することから、公園など一定の広い敷地を有している公的機関への配布を原則としている。) ○日本非核宣言自治体協議会の会員自治体の場合 TEL 095-844-9923 FAX 095-846-5170 ○平和首長会議の会員自治体の場合 ...

    • No:3697
    • 公開日時:2015/08/01 00:00
    • カテゴリー: 平和
  • 原爆資料館の観覧料はおいくらですか?

    大人200円(15名以上160円) 小中高100円(15名以上80円) ・小学生未満は無料 ・15名以上になれば団体料金を適用 この15名には、館覧料が減免される者(県内小中学生【学校行事で入館】や身体障害者手帳所持者等)も含まれますが、入館料のかからない幼児は含みません. http://nagasakipeac...

  • 永井隆記念館(如己堂)を見学したい。 永井隆博士について知りたい。

     放射線の医師だった永井隆博士は、原爆で被爆し、何度も意識を失いながら救護活動を行いました。また、隣人愛による恒久平和を訴え、原爆による病気の研究や「長崎の鐘」などの本を執筆しました。永井隆記念館では、博士の遺品や原稿などを展示し、博士の願いを発信しています。 ○開館時間 午前9時~午後5時 ○休館日 12月29...

  • 平和会館(原爆資料館に隣接するレンガ色の建物)の中にあるホールを利用したい。

    平和会館ホールは平和学習、講演会、各種イベント、軽スポーツの練習などに利用できる有料の貸ホールです。 【受付時間】 平日のみ  午前9時~午後5時となっております。時間外については改めておかけ直しください。 ○(公財)長崎平和推進協会による被爆体験講話を平日の午前9時~午前5時までの時間帯に実施す...

  • 被爆者の助成対象になっている介護サービスを受けましたが、自己負担がありまし...

    介護保険のサービス費用の対象外は、自己負担になります。                                                                                          たとえば、食費・日用品代・居住費などは自己負担です。 <お問い合わせ先>  ...

    • No:2723
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
    • カテゴリー: その他
  • 被爆者が病院で医療費を支払いました。払い戻しが受けられますか。

    被爆者健康手帳(紫色の手帳)の使えない病院で治療を受けた時や手帳を病院に提示しなかった時などに医療費の自己負担分を支払わなければなりませんが、その後申請すれば払い戻しが受けられます。 申請に必要なものは、 保険証、印鑑、本人名義の普通預金通帳(ゆうちょ可) 医科・歯科…診療報酬明細書(レセプト)、領収書 ...

    • No:2707
    • 公開日時:2018/08/03 00:00
    • カテゴリー: 被爆者援護

219件中 71 - 80 件を表示