• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

095-822-8888
8:00~20:00/年中無休

『 子育て 』 内のFAQ

161件中 71 - 80 件を表示

8 / 17ページ
  • 児童センター、児童館に荷物を入れるロッカーはありますか。

    個別のロッカーはありません。 荷物は棚等、施設ごとで決められた場所に置いていただけます。 ■問い合わせ 子育て支援課(095-829-1270) "児童館・児童センターとは":http://ekao-ng.jp/connect/companion/children-center-museum/ FAQ作成担当部...

  • 栄養相談や離乳食相談をお願いしたいのですが?

    栄養士による各種栄養相談を実施しています。 ・連絡方法 電話連絡 ・担当課 ・中央総合事務所地域福祉課 電話:095-829-1429 ・東総合事務所地域福祉課 電話:095-813-9001 ・南総合事務所地域福祉課 電話:095-892-1113 ・北総合事務所地域福祉課 電話:095-814-3400 ...

  • 保育料の口座振替の申込方法を教えてください

    通帳とその届出印および通知番号のわかる保育料の納付書をお持ちのうえ、各金融機関又は郵便局窓口でお申込みください。また、口座振替の依頼書は、保育所でもお預かりすることができるようになりました。さらに、平成25年10月からは、より簡単に手続きができる「ペイジー口座振替受付サービス」が開始されました。幼児課窓口にキャッ...

  • 4月1日時点では2歳だったが、最近3歳になった。無償化の対象にならないのか。

    原則は小学校就学前の3年間を無償化の対象とするため、3歳になった日から最初の3月31日までにある子どもは、無償化の対象外となります。ただし、幼稚園については、満3歳から無償化の対象です。 ただし、住民税非課税世帯については、0歳から無償化の対象となります。 個別の状況については、長崎市子育て応援情報ホ...

  • 住所地外の施設を利用した場合はどうなるか。

    (例:長崎市に住民票があり、市外の保育施設を利用する場合) 認可保育所、認定こども園、施設型給付幼稚園の保育料については手続き不要です。 私学助成幼稚園の保育料、預かり保育料については、一度ご利用の園にお支払いただき、後日長崎市役所に請求してください。認可外保育施設、一時預かり事業、病児保育、ファミリー・...

  • 利用料の請求が必要なのか。

    無償化の中でも、請求が必要な部分があります。 請求が必要なのは、認可外保育施設、一時預かり事業、病児保育、ファミリー・サポート・センター、ベビーシッターを利用された場合です。(無償化の対象となるためには、事前に「保育の必要性」の認定を受ける必要があります) 請求の方法は長崎市子育て応援情報ホームページ「イ...

    • No:8417
    • 公開日時:2019/09/26 00:00
    • カテゴリー: 子育て
  • 10連休中、在園している保育所等が一時預かりを実施していません。預かっても...

    次の3施設は在園していないお子様でも預けることができます。 利用いただくには、必ず事前の申し込みが必要です。詳しい情報については、次の連絡先にお問い合わせください。長崎市子育て応援情報サイト「イーカオ」にも掲載しております。 https://ekao-ng.jp/know/rinjiazukari/ 【...

  • 小児慢性特定疾病医療費の更新申請の受付はどこですか。

    現在の受給者証は7月末までしか使えませんので、8月以降も医療費の助成を受けるためには、更新の手続きが必要です。 対象者には、毎年5月中旬に更新申請書類等をお送りします。 提出期限までに提出がなければ、7月末までに受給者証を送付できない場合がありますので、 お早目にご提出ください。 ・各地域センター...

  • 通っている小学校区内の放課後児童クラブしか利用出来ませんか。(他の小学校区...

    市では、各小学校区ごとの児童数(推計)により、施設整備等を行っておりますが、保護者のお迎えの都合などで、お住いの校区外にある放課後児童クラブを利用されている場合もあります。 児童の安全面を考えると、下校時の移動距離が少ない方が安心だと考えますが、必ずしも、通学校区の児童クラブの利用に限定しているわけではあり...

    • No:3534
    • 公開日時:2014/10/10 00:00
    • カテゴリー: その他
  • 居宅訪問型保育事業とはどのようなものですか? 長崎市で実施するのですか?

    満3歳未満の保育が必要であると認定を受けたお子さん(3号認定)を対象として、障害・疾病などで個別のケアが必要な場合などに、保護者の自宅で1対1で保育を行う事業です。 長崎市では、現在、実施しておりません。 FAQ作成担当部署: こども部幼児課

161件中 71 - 80 件を表示