• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 都市整備・景観 』 内のFAQ

110件中 1 - 10 件を表示

1 / 11ページ
  • 長崎市の都市計画図や白地図、地形図がほしい。

    都市計画課で、合併町部分も含めた、白図の基本図、白図の地形図を販売しています。 ・基本図は縮尺2500分の1で210区画、縮尺5000分の1で69区画あります。 ・地形図は縮尺10000分の1で18区画、及び縮尺25000分の1で4区画の2種類あります。 ・基本図も地形図も1枚300円で販売しています。 ”長崎...

  • 都市計画決定状況を知りたい。 (用途地域・建ぺい率・容積率・防火地域)

    ・都市計画課(電話:095-829-1169)へお問い合わせください。 ・お電話では正確な場所が分からないため、参考程度の回答になります。詳しくは都市計画課までお越しください。 ・用途地域の概要は、長崎市ホームページの[長崎市の都市計画]にも掲載されています。 ”長崎市ホームページ”   http://www.c...

  • 非線引き区域の建ぺい率、容積率はいくらですか?

    ・建ぺい率70%、容積率200%です。旧三和町の一部に建ぺい率70%容積率300%の区域があります。詳しくは下記担当課までお問い合わせください。    都市計画課    電話:095-829-1169 FAQ作成担当部署: まちづくり部都市計画課

  • 市街化調整区域とはなにか。

    市街化調整区域は市街化を抑制すべき区域として都市計画決定された区域で、建築物の建築が規制されています。 “長崎県:都市計画のはなし”: http://www.pref.nagasaki.jp/bunrui/machidukuri/toshikeikaku-kokudoriyo/toshikei-seido/han...

  • 宅地の擁壁やがけ崩れの相談はどこにすればいいか知りたい。

    総合的な窓口は防災危機管理室となります。 崩れたがけが宅地に被害がある場合、建築指導課で適切な指導を行っていきます。 崩れたがけが畑、市道又は赤道の場合は各総合事務所になります。 建築指導課 開発指導係 電話095-829-1176 にご相談ください。 FAQ作成担当部署: まちづくり部建築指...

  • 長崎市の再開発事業について知りたい。

    ●再開発事業とは、  ・店舗の共同化等で商店街の活性化を図りたい。  ・老朽化した建物を周辺と一体になって収益性の高いビルに建替えたい。  ・家屋の密集した地区を防災面に配慮した建物に替えたい。  などの課題を解決する手法の一つです。  再開発事業のうち、代表的なものとして「市街地再開発事業」と「優良建築物等整備...

  • 市街化調整区域の建ぺい率、容積率はいくらですか?

    ・建ぺい率60%、容積率200%です。 FAQ作成担当部署: まちづくり部都市計画課

  • 長崎市は全域が都市計画区域か。

    すべてが都市計画区域になっているわけではありません。平成17年度合併前の旧長崎市と旧香焼町の全域は、諫早市など2市2町にまたがって指定された「長崎都市計画区域」に属し、そのほか、旧伊王島町、旧高島町の全域と、旧三和町、旧琴海町の一部は、それぞれ「伊王島」、「高島」、「三和」、「琴海」の各都市計画区域に属しています...

  • 区域区分(線引き)制度について知りたい。

    都市計画区域を、「市街化区域」と「市街化調整区域」に区分することです。市街化区域は既に市街化された区域や市街化を図るべき区域で、市街化調整区域は市街化を抑制すべき区域として、長崎県が定めます。 “長崎県:都市計画のはなし”: http://www.pref.nagasaki.jp/bunrui/machiduk...

  • 景観形成重点地区とは?

     長崎市景観計画において、長崎市の魅力を高めるために、特徴を活かした景観づくりを進める地区として、「景観形成重点地区」を指定しております。その地区においては、それぞれに固有の景観イメージを保全、形成するような積極的な景観形成を推進します。  現在の景観形成重点地区は、「東山手・南山手地区」「中島川・寺町地区」「平...

    • No:1968
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
    • 更新日時:2018/04/01 00:00
    • カテゴリー: 景観

110件中 1 - 10 件を表示