• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 防災・安全 』 内のFAQ

146件中 71 - 80 件を表示

8 / 15ページ
  • 少年消防クラブには、何年生から入れますか。

    少年消防クラブは、小学校1年生から中学校3年生までの少年少女を対象に結成されています。 消防学校体験入校や防火防災に関する体験型の各研修を行っているほか、出初式のパレードなどに参加し活躍しています。 FAQ作成担当部署: 消防局予防課

    • No:2104
    • 公開日時:2016/03/28 18:06
    • 更新日時:2018/03/29 16:31
    • カテゴリー: 消防
  • 少年消防クラブを結成する場合の手続きと、活動内容を教えてください。

    (少年消防クラブの結成) 消防局予防課に相談をして結成届を提出してください。 (目的) 防火・防災に関するさまざまな体験を通して火災予防及び防災に関する知識を習得するとともに、地域の安全・安心の担い手として育成すること。 (主な活動内容) 消防学校体験入校、消防出初式パレード、防火防災研修会、消...

    • No:2103
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
    • 更新日時:2017/04/05 17:24
    • カテゴリー: 消防
  • 耳や目が不自由な人用の住宅用火災警報器はありますか。

    火災警報器に連動して光や振動で知らせるものがあります。 詳しくは消防局予防課までお問い合わせください。  消防局予防課 095-822-0429 FAQ作成担当部署: 消防局予防課

    • No:2088
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
    • カテゴリー: 消防
  • 住宅用火災警報器の値段はいくらくらいですか。

     音声式やブザー式などの機能によって幅がありますが、10年式の電池式のもので概ね3,000円程度のものが多いようです。(平成27年2月現在)  なお、購入の際は、日本消防検定協会の検定マークが付いていることを確認してください。   FAQ作成担当部署: 消防局予防課

    • No:2080
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
    • カテゴリー: 消防
  • 住宅用火災警報器は、どこに設置すればいいのですか。

    住宅用火災警報器は、原則、次の場所に設置が必要です。 ・寝室の天井又は壁 ・寝室のある階の階段の天井又は壁 なお、台所については設置義務はありませんが、火を使用する場所として設置を推奨しています。 FAQ作成担当部署: 消防局予防課

    • No:2077
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
    • カテゴリー: 消防
  • 一般家庭の消火器は、点検する義務があるのでしょうか。

    一般の家庭に置いてある消火器は、法律上の点検義務はありませんが、製造業者において3ヶ月から半年を目途にさびや変形がないかといった自主点検を勧めています。また、さびや変形などが見られるものにあっては、使用せず専門業者に相談ください。なお、長崎県消防設備協会(電話095-827-4756)にお問合せいただければ、お近...

    • No:2074
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
    • カテゴリー: 消防
  • 消火器には、耐用年数があるのでしょうか。

    現在、消火器の耐用年数は概ね10年と定められています。これは平成23年に消火器の規格が見直され、使用期限の表示が新たに義務付けられたことによるものです。 FAQ作成担当部署: 消防局予防課

    • No:2073
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
    • カテゴリー: 消防
  • 一般住宅への消火器の設置義務について教えてください。

    一般の住宅への消火器の設置義務は、法令では規制はありません。 しかし消火器は初期消火に非常に有効なことから、安全のために設置をお勧めしています。 FAQ作成担当部署: 消防局予防課

    • No:2070
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
    • カテゴリー: 消防
  • どうすれば消防団に入れますか?

    消防団に入るには  長崎市消防団に入るには、次の条件を満たしていることが必要になります。 ○ 長崎市内に居住する者 ○ 年齢が18歳以上の者 ○ 素行善良、身体強健な者 なお、入団を希望される場合は、長崎市消防局予防課(095-822-0425)又は、各消防団の分団長へご連絡ください。 ht...

    • No:2061
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
    • カテゴリー: 消防
  • 聴覚や言語を発することに不自由がある方が緊急通報する場合はどうしたらよいですか?

     次の二つの方法により対応しています。 1 ファックスによる119番通報   次の内容を記入した用紙をセットして119番号(市外局番なし)を押して送信してください。  (1)火事、救急、救助の別   <通報例>「火事です。○○が燃えている」「救急、けが人がいる」  (2)消防隊・救急隊・救助隊が向かう住所(場所...

    • No:2056
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
    • カテゴリー: 消防

146件中 71 - 80 件を表示