• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

095-822-8888
8:00~20:00/年中無休

『 後期高齢者医療制度 』 内のFAQ

58件中 1 - 10 件を表示

1 / 6ページ
  • 後期高齢者医療保険の減額認定証(限度額適用・標準負担額認定証)を作らずに病...

    医療費については、払い戻しできます。 以前、高額療養費支給申請済みの方は、改めての申請は不要です。 【医療費】申請は不要です。 診療月から約3ヵ月後に、高額療養費として57,600円から限度額までの差額分が支給されます。 ※高額療養費の支給申請がお済みでない方は申請が必要です。 レセプト情報が病院か...

    • No:2832
    • 公開日時:2016/04/01 00:00
    • 更新日時:2017/09/22 14:37
  • 後期高齢者医療被保険者証(保険証)・減額認定証・特定疾病受療証をなくした。...

    【申請に必要なもの】 ・被保険者証を必要とする本人(被保険者)を確認できる身分証明書(マイナンバー(個人番号)カード、住民基本台帳カード、納付通知書、原爆手帳、介護保険証など) ・来庁する方の印鑑 ※代理人が手続きされる場合は、代理人の身分証明書も必要です。 【申請場所】 地域センター ※再交付申...

    • No:1391
    • 公開日時:2017/10/01 00:00
    • 更新日時:2017/11/15 14:13
  • 後期高齢者医療保険の高額療養費の払い戻しについて知りたい。

    1カ月の医療費(保険適用分)が自己負担限度額を超える場合、1回申請していただくと、約3ヶ月後に払い戻されます。 【外来のみの場合】 外来の自己負担額を超えて支払った額が払い戻されます。(個人ごと) 【入院と外来がある場合】 入院と外来の自己負担額を足し、その合計額が「自己負担限度度額(世帯)」を上回っ...

    • No:1402
    • 公開日時:2017/10/01 00:00
  • 後期高齢者医療の被保険者が亡くなった(死亡した)場合、葬祭費の申請はどのよ...

    被保険者が亡くなった場合、葬祭を行った方に対して葬祭費の支給があります。 ※請求期限については、葬祭日の翌日から2年間です。 ・支給金額…2万円 ・支給方法…通帳への振込み 【手続きに必要なもの】 ・後期高齢者医療被保険者証(亡くなられた方のもの。先に返却されている場合は不要。) ・葬祭を行った証...

    • No:1401
    • 公開日時:2017/10/01 00:00
  • 後期高齢者医療にかかる保険料の変更について周知はしているのか。

    6月に発送している全被保険者宛のお知らせの他に、4月の本市ホームページへの掲載をはじめ、6月の広報ながさきへの掲載、7月の広報ながさき折り込みの特集号への掲載、また、7月下旬の新年度被保険者証の送付時に同封される長崎県後期高齢者医療広域連合作成のリーフレットにも、保険料の計算方法や軽減制度についての説明が掲載...

    • No:6362
    • 公開日時:2017/05/08 16:58
    • 更新日時:2018/07/30 11:15
  • 後期高齢者医療の減額認定証(限度額適用・標準負担額減額認定証)の更新はどの...

    現在、減額認定証をお持ちの方で、次回判定時(7月)も住民税(市県民税)申告等により非課税世帯と確認できる方は、新しい減額認定証(限度額適用・標準負担額減額認定証)を例年7月下旬にお送りします。 非課税世帯と確認できない方は、各地域センターで所得申告とともに減額認定の申請が必要になります。 FAQ作成担...

    • No:1404
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
    • 更新日時:2017/09/22 13:46
  • 後期高齢者と前期高齢者との違いは。

    【後期高齢者】 対象年齢:75歳以上が対象。      ※一定の障がいがあるかたは、65歳から加入できる。 医療保険:後期高齢者医療保険に加入。 【前期高齢者】 対象年齢:65歳以上75歳未満が対象。このうち70歳以上75歳未満のかたには、医療保険証に加え、高齢受給者証が交付される。 医療保険:国民健康保険、健...

    • No:3182
    • 公開日時:2010/11/26 00:00
  • 後期高齢者医療保険料の計算はどのように行われているのか。

    保険料額は、制度を運営している長崎県後期高齢者医療広域連合が決定します。 保険料額は、被保険者全員が均等に負担する「均等割額」と、被保険者の所得に応じて負担する「所得割額」との合計金額になります。 「年間保険料」 = 「均等割額」 + 「所得割額」 ※最高57万円    46,800円    (前年の総所得...

    • No:1394
    • 公開日時:2016/04/01 00:00
    • 更新日時:2016/11/08 14:39
  • 今回の見直しで後期高齢者医療保険料は安くなるのか。

    保険料は均等割と所得割の合計で算定され、2年毎に見直しがなされます。 平成30・31年度は、均等割額が46,800円から45,800円に、所得割の率が8.8%から8.67%に下がります。 また、所得が低い方は、均等割額が9割・8.5割・5割・2割軽減される制度がありますが、軽減を受けられる所得の範囲が広が...

    • No:7675
    • 公開日時:2018/08/10 14:09
  • 高額療養費の上限額は、どのような見直しがなされるのか。

    平成30年8月から、現役並み所得者や一般区分の被保険者の方は、高額療養費の上限額が変更されます。 ・ 一般の区分の方は、外来の月額が14,000円から18,000円に上がります。 ・現役並み(3割)の方は、外来と入院の区別なしに世帯ごとの上限額になります。また、課税標準額によって3段階の区分に分かれま...

    • No:6372
    • 公開日時:2017/05/08 17:06
    • 更新日時:2018/08/10 14:11

58件中 1 - 10 件を表示