• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリー

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

095-822-8888
8:00~20:00/年中無休

『 消防 』 内のFAQ

108件中 101 - 108 件を表示

11 / 11ページ
  • 防火管理者とはどのようなものですか。

    防火管理者は、一定規模以上の建物において、火災の発生を防止し、かつ、万が一、火災が発生した場合でも、その被害を最小限にとどめるための必要な防火安全対策を定めて、当該事業所の防火上の管理をさせるために消防法で選任することが決められている者のことです。 FAQ作成担当部署: 消防局予防課 詳細表示

    • No:2093
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
  • セルフスタンドの安全対策について教えてください。

    セルフスタンドには次のような安全対策が講じらてれいます。それでも取扱いには気をつけてください。 ・吹きこぼれないようオートロックになっています。 ・万が一火災になった場合のために泡消火設備があります。 ・カメラにより常時監視されています。 ・遠隔による緊急停止のボタンがあります。 ・油種の自動判定装置があります。... 詳細表示

    • No:2148
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
  • セルフスタンドでの注意事項について教えてください。

    ・セルフスタンドで車にガソリンを入れる時に、注意すべき点は、静電気を取り除くことと、タバコやライターなどを使用しながら給油しないことです。ガソリンの給油口付近は、ガソリンが気化していますので、少しの火花でも引火する恐れがあります。気をつけてください。 ・また、給油が自動的にストップしたら、それ以上入れようとしない... 詳細表示

    • No:2147
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
  • 危険物取扱者になるには、試験があるのですか。

    危険物取扱者になるには、国家試験があります。毎年、6月、11月、2月頃に3回実施されており、取り扱える危険物の種類により分かれています。 なお、一般的には乙種第4類取扱者試験や丙種取扱者試験があります。 "長崎県消防試験研究センター":http://www.shoubo-shiken.or.jp/ FAQ作成... 詳細表示

    • No:2142
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
    • 更新日時:2017/03/16 16:14
  • 消防設備士になるには、試験があるのですか。

    消防設備士になるには、国家試験を受けて合格しなければなりません。消防設備の種類により特類と1類から7類に分かれており、かつ、甲種と乙種に分かれています。甲種を受験するには実務経験などの条件があります。 FAQ作成担当部署: 消防局予防課 詳細表示

    • No:2135
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
  • 消防設備士はどのような仕事をするのですか。

    消防設備士とは、消火器やスプリンクラー設備、自動火災報知設備などの消防用設備を建物に設置する工事や整備を行うことができる資格を持った人です。消防用設備の工事や整備は、この資格を持った人しか行うことはできません。 FAQ作成担当部署: 消防局予防課 詳細表示

    • No:2134
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
  • 平成30年度の防火標語は何ですか。

    「忘れてない? サイフにスマホに 火の確認」です。 総務省消防庁が毎年全国に募集して決定しています。 FAQ作成担当部署: 消防局予防課 詳細表示

    • No:2131
    • 公開日時:2016/03/28 18:07
    • 更新日時:2018/03/29 16:29
  • 住宅用火災警報器はすべての住宅に設置しないとといけないのですか。

     長崎市では、平成21年6月1日から全ての住宅に設置が義務付けられます。例外として消防設備である自動火災報知設備が設置されている場合は設置が免除されます。 FAQ作成担当部署: 消防局予防課 詳細表示

    • No:2081
    • 公開日時:2010/08/23 00:00

108件中 101 - 108 件を表示