• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

お電話でのお問い合わせ

095-822-8888
8:00~20:00/年中無休

トップカテゴリー

  • No : 10144
  • 公開日時 : 2021/07/01 00:00
  • 更新日時 : 2021/10/04 10:45
  • 印刷

マイナポイントについて、令和3年4月末までにマイナンバーカード交付申請をしたが、不備等により5月以降に再申請を行った場合、マイナポイント付与の対象外となるのか。

回答

令和3年5月以降にマイナンバーカードの交付申請された方は、原則としてマイナポイント付与の対象外となります。

ただし、次にあげるイレギュラーケースのいずれかに該当する方は、例外的に付与対象(救済対象)となります。

【イレギュラーケース】
① 令和3年4月末までにマイナンバーカードを申請したものの、申請の不備等により、5月以降に再申請を行った方
 

② 令和3年4月末までにマイナンバーカードを申請したものの、カードを受け取る前に市区町村から転出し、転入先で5月以降に再申請を行った方

③ 令和3年4月末までにマイナンバーカードを取得又は申請し、5月以降に利用者証明用電子証明書を発行された方

④ 令和3年4月に出生された方やマイナンバーが未付番の状態で帰国された方など、マイナンバーの付番までに一定の期間を要したため、4月末までにカード発行の申請ができなかった方

⑤ 市区町村からの転出を予定していたため、令和3年4月末までにカード発行の申請ができなかった方
 
 
マイナポイントの申し込みをされる際に、氏名や住所等の情報を入力いただくとともに、どのケースに当てはまるか申告していただきます。ただし、申告が虚偽であると判明した場合は、マイナポイントの付与が取り消されることになります。
 

【マイナポイントに関するお問合わせ先】
マイナンバー総合フリーダイヤル(無料)
電話番号:0120-95-0178
音声ガイダンスに従って「5番」を選択してください。
平日:9時30分~20時
土日祝:9時30分~17時30分(令和3年11月30日までは~20時00分)
 

FAQ作成担当部署:市民生活部住民情報課

お問い合わせ