• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

お電話でのお問い合わせ

095-822-8888
8:00~20:00/年中無休

  • No : 1014
  • 公開日時 : 2010/08/23 00:00
  • 更新日時 : 2017/10/01 00:00
  • 印刷

障害をお持ちの方の、住宅改修の助成について教えてください。

回答

1.対象者
 ・在宅の身体障害者手帳1・2級
 ・対象者と世帯を同一にする世帯員の当年度の市・県民税額の合算額が12万8千円以下の世帯
 ・対象者と世帯を同一にする世帯員に市税の滞納がない世帯

2.対象となる改修内容
 ・手すりの取付け ・床段差の解消 ・滑りの防止、移動の円滑化等の為の床材の変更
 ・引き戸等への扉の取替え ・洋式便器等への便器の取替え
 ・その他の改修に伴う必要な工事

3.助成金額
 ・助成対象工事費の3分の2(生活保護世帯は3分の3)
 ・助成限度額は40万円(生活保護世帯は60万円)
 介護保険や日常生活用具の住宅改修助成を受ける場合は、助成額からその金額を差し引いた金額

4.手続きについて
  住宅改修工事施工前に申請が必要です。
 (1)必要なもの(◎窓口にある様式 △用意していただくもの)
   ◎住宅改修助成交付申請書(市HPからダウンロード可)
   △住宅改修工事見積書  △住宅改修前後の図面
   △住宅改修前の写真  △家主の承諾書(借家の場合)
   △市・県民税所得・課税証明書(世帯全員分)
   △市税完納証明書(世帯全員分)
    ※ 介護保険や日常生活用具の住宅改修と併用して申請できます。
    ※ 申請は代理人可(代理人の身分証明書、印鑑、委任状等は不要)
    ※ 郵送による申請書の提出可(連絡先の電話番号等を必ずお書き添えください。)
 (2)受付窓口
     地域センター
 (3)助成決定から支給までの流れ
     申請を受付後、ご自宅を訪問し改修内容の確認をさせていただきます。助成を決定したら
    決定通知書を送付いたしますので工事を行ってください。
     工事が終わり、工事費を全額施行業者へお支払した後に障害福祉課へご連絡ください。
    再度ご自宅を訪問して工事後の確認ができましたら、確定通知書を送付いたします。その後
    助成金を指定の口座へ振り込みます。

FAQ作成担当部署:福祉部障害福祉課

お問い合わせ