• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1613
  • 公開日時 : 2018/04/01 00:00
  • 印刷

病児・病後児保育施設とは、どのようなものですか。

回答

【内容】
病気又はその回復期にある児童が集団保育が困難な状況にあり、かつ、保護者がやむを得ない理由のために家庭で保育ができない場合に、一時的に保育を行う施設です。
〔対象児童〕長崎市に住所を有する乳児・幼児または小学校に就学している児童(小学校6年生まで)
 
【施設名等】
○病児・病後児保育施設  
・中央橋こどもデイケア「あひるっこルーム」(江戸町:ふくだこどもクリニック付設 電話821-8867)
・病児保育にこにこルーム(本原町:中山小児科クリニック付設 電話844-5155)
・いなさこどもデイケア「ボン クラージュ」(弁天町:平野医院付設 電話861-1213)
・病児保育室「あおむし」(かき道3丁目:幼保連携型認定こども園かき道ピノキオこども園付設 電話838-5514)
・ポニールーム(上戸町2丁目:まつお医院付設 電話878-3230)
・病児保育「クローバー」(滑石2丁目:りゅうキッズクリニック付設 電話865-6559)
 
【利用方法】
原則として、各施設での事前登録が必要です。
利用予約をしてください。(受入人数には限度があります。)
利用の際には、利用申込書を施設へ提出してください。
◎緊急の場合、事前登録なしでも利用可能な場合がありますので、施設にお問い合わせください。
◎持参するものなど詳しいことは各施設へお問い合わせください。
 
【料金】
利用料 児童1人あたり 1日 2,000円(生活保護受給世帯、市町村民税非課税世帯及び所得税非課税については、減免制度があります。)
その他 別途食事代500円が必要です。
 

FAQ作成担当部署: こども部幼児課

お問い合わせ