• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1620
  • 公開日時 : 2017/10/01 00:00
  • 印刷

児童扶養手当の喪失手続が必要なのは、どのような場合ですか。

回答

手当受給者の方で下記に該当する場合は受給資格がなくなります。証書(ピンク色の二つ折りのカード)と印鑑をお持ちいただき、地域センターの窓口で手続してください。(地区事務所での受付はできません。)
届の提出が遅れますと、一旦支払った手当を返還していただくため、大変面倒な手続きとなります。ご注意ください。

(1)婚姻の届出をしたとき。
(2)婚姻の届出はなくても、事実上婚姻関係(異性と同居あるいは同居がなくても頻繁に定期的な訪問・生活費の援助があるなど)となったとき。
(3)受給者や児童が公的年金を受給するようになったり、児童が父または母が受ける公的年金の加算対象となったとき。
(4)児童を養育しなくなったとき。(前夫・前妻の引き取り、施設に入所した、里親に委託されたなど)
(5)受給者や児童が国外に転出したとき。
(6)受給者本人や児童が死亡したとき。

※この他にも、資格喪失となる場合がありますので、生活上変化があった場合は子育て支援課(電話095-829-1270)までお問合せください。

児童扶養手当:http://ekao-ng.jp/consult/support/treatment-medical/child-dependency-allowance/
 
 
FAQ作成担当部署: こども部子育て支援課

お問い合わせ