• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1780
  • 公開日時 : 2010/08/23 00:00
  • 更新日時 : 2018/11/12 17:11
  • 印刷

旧香港上海銀行長崎支店記念館について教えてください。

回答

明治37年(1904年)に、香港上海銀行長崎支店として建てられ、現存する長崎市の洋館群の中にあっては、最大級のものになります。平成2年3月に国指定重要文化財に指定され、平成8年10月から記念館として開館しています。
1階は、多目的ホールと当時の銀行業務を物語る資料、2階に建物の雰囲気にふさわしい調度品等、3階が「長崎-上海航路」「貿易港長崎」「港往来」「建築・建築課」の4つのテーマで資料が展示されています。

場所:長崎市松が枝町4番27号
アクセス:路面電車5番系統石橋行きで、大浦天主堂下電停下車、徒歩2分
開館時間:午前9時~午後5時
休館日:毎月第3月曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月3日
入館料:一般100円【80円】、小・中学生50円【30円】
※【 】は団体(15名以上)料金 
電話:095-827-8746

あっ!とながさき:旧香港上海銀行長崎支店記念館:https://www.at-nagasaki.jp/spot/103/


FAQ作成担当部署:文化観光部観光政策課

 

お問い合わせ