• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

お電話でのお問い合わせ

095-822-8888
8:00~20:00/年中無休

トップカテゴリー

  • No : 3715
  • 公開日時 : 2015/08/01 00:00
  • 印刷

長崎市内や原爆資料館に放射線物質は残っていないのですか。

回答

被爆1年後には、自然界と同レベルまで放射線量は下がったと考えられています。
【参考】
 長崎において原子爆弾は上空約500mで炸裂しました。原爆の核物質は約10%が核分裂を起こしたと考えられており、残りの約90%は核分裂後に発生した火球による上昇気流により、成層圏に上昇したと考えられています。この一部は黒い雨となって降りましたが、ほとんどは大気圏に広く拡散したと考えられています。


FAQ作成担当部署: 原爆資料館被爆継承課

お問い合わせ