• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

お電話でのお問い合わせ

095-822-8888
8:00~20:00/年中無休

  • No : 6372
  • 公開日時 : 2017/05/08 17:06
  • 更新日時 : 2018/08/10 14:11
  • 印刷

高額療養費の上限額は、どのような見直しがなされるのか。

回答

平成30年8月から、現役並み所得者や一般区分の被保険者の方は、高額療養費の上限額が変更されます。
・ 一般の区分の方は、外来の月額が14,000円から18,000円に上がります。
・現役並み(3割)の方は、外来と入院の区別なしに世帯ごとの上限額になります。また、課税標準額によって3段階の区分に分かれます。(リーフレット②表面参照)

平成30年8月以降は、保険証のみを提示した場合、一番高い上限額でのお支払いとなります。現役並み区分Ⅰ・Ⅱ(リーフレット②表面参照)に該当される方で、8月以降に入院等で支払が高額になる場合は、限度額適用認定証の交付申請をお願いします。
なお、世帯全員の住民税が非課税である方(区分Ⅰ・Ⅱ)は、上限額の変更はありません。


FAQ作成担当部署:市民健康部後期高齢者医療室

 
添付ファイル : 
03_リーフレット②.pdf

お問い合わせ