• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

お電話でのお問い合わせ

095-822-8888
8:00~20:00/年中無休

トップカテゴリー

  • No : 9136
  • 公開日時 : 2020/06/23 11:48
  • 印刷

高等学校等就学支援金の申請をしたいのですが、どの証明書が必要ですか。

回答

高等学校等就学支援金の申請は、親権者のマイナンバーの提出(マイナンバーカードや通知カードの写し)が必要ですが、マイナンバーカードもしくは通知カードを紛失した場合は、お近くの地域センター、地区事務所等でマイナンバー付の住民票(親権者連記)を取得してください。
事情によりマイナンバーの提出ができない場合は、市民税(所得・課税)証明書を取得してください。ただし、市民税(所得・課税)証明書には必要な「調整控除の額」の記載がありませんので、申請の際に必ず調整控除額が必要な旨伝えてください。調整控除の額を記載した市民税(所得・課税)証明書を作成します。
〈注意事項〉
 ・長崎市立長崎商業高等学校の生徒が高等学校等就学支援金を申請する場合、現時点でマイナンバーの提出による対応不可のため、長崎市立長崎商業高等学校の生徒の親権者については全員調整控除額入りの市民税(所得・課税)証明書を取得してください。
 ・コンビニ交付では、調整控除額入りの市民税(所得・課税)証明書は発行できません。
 ・調整控除額入りの市民税(所得・課税)証明書の発行窓口及び時間は次とおりです。
  各地域センター、地区事務所、サービスコーナー(平日8時45分から17時30分まで)
  ただし、消費者センターは月9時から17時まで、火~金9時から17時30分まで、琴海北部連絡員事務所は平日9時から17時までです。
  土・日・祝日及び本庁開庁時間外は各サービスコーナー等では調整控除額入りの市民税(所得・課税)証明書は発行できません。
 
FAQ作成担当部署:理財部収納課

お問い合わせ