• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3045
  • 公開日時 : 2014/04/01 00:00
  • 更新日時 : 2018/11/05 10:48
  • 印刷

使い捨てライターをごみとして出す場合は、どのようにしたらいいですか

回答

ライターの中のガスを次の方法で抜いた状態で「燃やせないごみ袋」で出してください。
 
なお、平成30年11月から、各地域センター、廃棄物対策課(市役所別館4階)、中央環境センター(川口町6番10号)又は東部環境センター(戸石町34番2号)において、「中身を使い切れないライター」の拠点回収を行っております。お近くの地域センター等の窓口に直接ご持参ください。

【ガスの抜き方】
1.周囲に火気のないことを確認する。
2.操作レバーを押し下げる。着火した場合はすぐに吹き消す。
3.輪ゴムや粘着力の強いテープで、押し下げたままのレバーを固定する。「シュー」という音が聞こえれば、ガスが噴出している(聞こえない場合は炎調整レバーをプラス方向にいっぱいに動かす)。この状態のまま付近に火の気のない、風通しのよい屋外に半日から1日放置する。
4 念のため着火操作をして、火が着かなければ、ガス抜きは完了です。
 
カセットボンベ・スプレー缶・ライターなどの出し方について
 

FAQ作成担当部署: 環境部廃棄物対策課

お問い合わせ