• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

お電話でのお問い合わせ

095-822-8888
8:00~20:00/年中無休

トップカテゴリー

  • No : 324
  • 公開日時 : 2019/05/01 00:00
  • 更新日時 : 2021/12/27 14:13
  • 印刷

長崎市は、他の市町村と比べて「市・県民税が高い。」ということはありませんか。

回答

市・県民税には、その人の前年の所得金額に応じて負担していただく「所得割」と、その所得の多少にかかわらず、均等に負担していただく「均等割」があります。 
所得割額は、平成19年度から所得金額に関わらず一律10%(市民税6%県民税4%)の標準税率が地方税法により規定されています。この標準税率は市町村が課税する場合に通常よるべき税率であり、現在長崎市ではこの標準税率を適用しています。 
また、均等割額についても、標準税率(市民税3,000円、県民税1,000円)が定められており、長崎市ではこの標準税+RC率を適用しています。 このことから、他の市町村と比べて長崎市の市・県民税が高いということはありません。
ただし、平成19年度から長崎県において森林の保全を目的とした「ながさき森林環境税(年額500円)」が導入されているため、県民税均等割額に500円が加算されます。また、平成26年度から令和5年度までの10年間、東日本大震災からの復興に関し、地域の防災に役立てるため、市民税・県民税の均等割にそれぞれ500円が加算されます。 
したがって、長崎市での均等割は市民税3,500円+県民税2,000円の5,500円を負担していただくことになります。 
市税Q&A(個人市民税) 
https://www.city.nagasaki.lg.jp/shimin/130000/135000/p009448.html
  
FAQ作成担当部署: 理財部市民税課 
 

お問い合わせ