• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

お電話でのお問い合わせ

095-822-8888
8:00~20:00/年中無休

トップカテゴリー

  • No : 334
  • 公開日時 : 2010/08/23 00:00
  • 印刷

足を骨折して入院してしまいました。病院への支払いのほか、入院時にタクシー代がかかったのですが、医療費控除による所得税、市県民税の還付金を受けられますか。

回答

医療費控除の対象となる医療費にはいわゆる、治療費・薬代のほか、通院のための交通費も含まれます。
認定の基準は、「一般的に支出される水準を著しくこえない」ものなので、バスや電車の交通費が対象となり、通常タクシー代は認められませんが、今回のような状況では認められるものです。
次に、医療費控除による還付です。医療費控除の制度は、所得税、市県民税共にありますが、還付(納付済みの税が戻る)となるのは、所得税のみです。
それでは、市県民税に適用はないかというと、そうではありません。翌年に医療費控除を減額された、市県民税が決定されていくしくみになっています。
所得税の還付を受けるには確定申告が必要です。なお、確定申告の内容は、市県民税に反映されますので、確定申告をすれば、市県民税の申告をする必要はありません。

FAQ作成担当部署: 理財部市民税課

お問い合わせ