• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリー

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

095-822-8888
8:00~20:00/年中無休

『 国民健康保険 』 内のFAQ

157件中 1 - 10 件を表示

1 / 16ページ
  • 傷病手当金を申請したいが、申請に必要なものは何か。申請書はどこでもらえるの...

    傷病手当の申請に当たっては、申請書(世帯主記入用、被保険者記入用、事業主記入用、医療機関記入用)の提出が必要です。ただし、医療機関を受診していない場合は、医療機関記入用の申請書の提出は不要です。 長崎市国民健康保険課のホームページ中で、申請書のダウンロードが可能です。 また、ご希望の方には申請書を... 詳細表示

    • No:8855
    • 公開日時:2020/05/03 08:37
  • 【国保・加入】今月末で会社を辞めるのですが、国保の加入の手続きはどうすれば...

    従前の健康保険の資格を喪失した日を含めて、14日以内に加入手続きをしていただく必要があります。(14日を過ぎた場合でも受付は可能) ・手続き窓口 各地域センター ・受付時間 月~金曜日の8:45~17:30 ・届出人 内容のわかる方ならどなたでも届出ができます。委任状は必要ありません。 ・必要な... 詳細表示

    • No:1239
    • 公開日時:2010/09/01 00:00
    • 更新日時:2020/01/28 08:59
  • 【国保・脱退】職場の健康保険証ができたので国保をやめたいのですが、どうした...

    国民健康保険の資格喪失の届出を行っていただきます。 ・手続き窓口 各地域センター ・受付時間 月~金曜日の8:45~17:30 ・必要な書類 長崎市の国保資格を喪失されるかた全員分のカード証、職場の健康保険証、届出人の印鑑(認印で可)、(マイナンバーの)通知カードまたは個人番号カード(世帯... 詳細表示

    • No:1247
    • 公開日時:2010/09/01 00:00
    • 更新日時:2017/11/07 16:01
  • 【高額・限度額】限度額適用認定証とは何ですか。

    医療機関への保険診療分のお支払額が高額になる場合、医療機関への窓口での支払額が高額療養費の自己負担限度額(月額)までとなるように、医療機関へ提示する証書です。(限度額適用認定証をお持ちでない場合には、負担割合(3割もしくは2割)での支払となります) 病院にかかられる前に、市の窓口(地域センター)への申請... 詳細表示

    • No:2836
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
    • 更新日時:2019/06/28 18:00
  • 【国保・加入】会社を退職し国保に加入しようと思いますが、職場の健康保険の扶...

    親御さんの国保加入と同時に子どもさんも長崎市の国民健康保険に加入することができます。  ・手続き窓口 各地域センター ・受付時間 月~金曜日の8:45~17:30 ・必要な書類 子どもの住民票(住民登録が市外にある場合)、在学証明書(住民登録が市外にある場合)、退職の証明になるもの(健康保... 詳細表示

    • No:1245
    • 公開日時:2010/09/01 00:00
    • 更新日時:2017/10/01 00:00
  • 高額療養費の手続きはどのようにすればよいのですか。

     同じ月内に医療費の自己負担が限度額を超えて支払われた場合、領収書等を添えて申請が必要です。審査後にその超えた分が支給(払戻し)されます。※入院時の食事代等対象にならないものがあります。 〇自己負担限度額については国民健康保険課のホームページをご参照ください。 ・手続き窓口  各地域センター ・受付... 詳細表示

    • No:1266
    • 公開日時:2010/09/01 00:00
    • 更新日時:2020/03/17 20:21

  • 【高額・限度額】限度額認定証の申請に必要なものは何ですか。

    病院にかかられるかたの国民健康保険の保険証が必要です。印鑑は必要ありません。代理人のかたでも手続きは可能です。 ・手続き窓口 各地域センター ・受付時間 月~金曜日の8:45~17:30 ・必要な書類 国民健康保険証、(マイナンバーの)通知カードまたは個人番号カード(世帯主及び対象者分) ※世帯... 詳細表示

    • No:1272
    • 公開日時:2010/09/01 00:00
    • 更新日時:2017/10/01 00:00
  • 国保税の軽減・減免の条件を知りたい。

    国保税の軽減は国の制度で、減免は市町村独自の制度となっています。 1 保険税の軽減 保険税の負担を軽減する措置として、前年所得が国の定めた基準以下の世帯に対して均等割額、平等割額を減額をしています。申請の必要はなく、税額を計算するときに自動的に計算されます。 減額割合は、世帯の所得額が33万円以下の場合は、7... 詳細表示

    • No:1238
    • 公開日時:2010/08/23 00:00
  • 死亡した者の保険証はどうしたらよいですか。また、すでに保険証を紛失したよう...

    他に国保の被保険者がいない場合は回収いたします。他に国保の被保険者がいる場合は、保険証の処理が必要になります。喪失の届と一緒に窓口に提示してください。 紛失した場合で死亡したかたのみしか被保険者がいない場合は再交付の必要はありません。他に国保の被保険者がいる場合は再交付の申請が必要です。なお、保険証の再交付申請に... 詳細表示

    • No:1278
    • 公開日時:2010/09/01 00:00
  • 【国保・加入】会社を退職後、任意継続の保険証を使っていましたが間もなく有効...

    74歳までの方で他の健康保険に加入なさらない場合は、国保にご加入いただく必要があります。期限が切れてから14日以内に以下のものを持ってお手続きに来てください。 なお、2年間の期間満了による任意継続保険喪失に伴う国民健康保険加入の手続きについては、喪失日の10日前から受付が可能です。(期間満了ではなく、途中でやめ... 詳細表示

    • No:3742
    • 公開日時:2015/07/30 00:00
    • 更新日時:2020/03/17 20:17

157件中 1 - 10 件を表示