• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

お電話でのお問い合わせ

095-822-8888
8:00~20:00/年中無休

  • No : 1409
  • 公開日時 : 2017/10/01 00:00
  • 更新日時 : 2019/06/19 12:39
  • 印刷

後期高齢者医療保険の「特定疾病療養受領証」について知りたい。

回答

高額な治療を長期間継続して受ける必要がある厚生労働大臣が指定する特定疾病の場合、毎月の自己負担額は10,000円までとなります。該当する方は「特定疾病療養受領証」が必要となりますので、申請してください。

※厚生労働大臣が指定する特定疾病とは
・先天性血液凝固因子障害(血友病)の一部
・人工透析が必要な慢性腎不全
・血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症

【申請に必要なもの】
・後期高齢者医療被保険者証
・印鑑
・(医師の)特定疾病認定意見書、または従前の保険で使用していた特定疾病療養受領証

【申請場所】
・地域センター
 

FAQ作成担当部署: 市民健康部後期高齢者医療室

お問い合わせ